2018年

12月

03日

漬けものつくり

勤務を終えて家に帰り、漬け物桶の確認を行いました。

白菜も漬け直ししていたおけも水が上がっているので本漬けが出来ます。酢大根の大根も水が揚がり漬け直しを行ってもよい状況なので朝食を済ませてから作業を開始。

はじめに白菜漬け、にんじんをスライスしながら間に昆布を入れて行きボールいっぱい作りました。次に唐辛子のスライス、ニンニクのスライスしてから全体を混ぜ合わせてから、桶から白菜を取り出してから上下を逆にしながら一段並べて調合したにんじんを並べて入れる繰り返しを行いつけ込みました。

酢大根は桶の水をすべて流し終えてから、砂糖、酢を合わせて砂糖を溶かすためにコンロにかけて透明になるまで待ってから漬け物用の黄色の子を入れてからおけに流し込んで完了です。2日後からは食べることが出来ます。

作業を終えて一息入れてから家内とは迄に向かいました。

食事はイズミの3階のレストラン牡蠣フライ定食大きな牡蠣が4個で美味しかった。

帰りに散髪屋を観ると車が少ないので家内を待たせて散髪して帰りました。

2018年

12月

02日

施設の家族会

今日は半年に一度の施設の家族会です。

年末を迎えたので恒例の餅つきが計画されています。

機械で餅をつけばよいのですがそれでは高齢者になるまでの過程で家で餅つきしていたことを体験を通じて思い出していただくためにかまどから餅米を蒸して臼でつきあげて手でもんで仕上げる作業を行っていただきました。回帰法につながるので色々お話を聞くことが出来ます。

2018年

12月

01日

今日から師走

今日は川平の正福寺の報恩講です。

親父の祖父が総代長をした時代もある身近なお寺でもあります。

今日の講師さん京都と邑南町のお寺を維持管理されているとのことです、以前から大きく問題視されているお寺は消える、高齢者の世代に変わりお寺にお参りされる姿も少なくなり後継者は都会で生活されているので田舎には戻ることはありません。その中でわざわざ教徒間を往復して維持管理されている姿に頭が下がります。

0 コメント

What's New